Hatena::Groupshoshigaku

試驗運轉中 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0001-00-02追跡書誌

追跡書誌

| 追跡書誌 - 試驗運轉中 を含むブックマーク はてなブックマーク - 追跡書誌 - 試驗運轉中 追跡書誌 - 試驗運轉中 のブックマークコメント

追跡書誌とは、或る同一文獻について初出誌紙→初收書→所收書改版(文庫化など含む)→他書への再録→著作集・全集所收→……といったやうな異版の履歴を調べてその書誌事項を記したもの。

例へば著書目録等を編む際に通常の編年順の排列だと、後年に同内容の改題書や増補版改訂版等が出てゐる場合、讀者に異版類を把握させるにはそれらへの參照形が作られなければならず、且つ、それぞれ參照されたページを開いて比較するのは異版が多くなるほど面倒になってしまふ。そこで、さうした分散に對し集中(collocation)機能によって一覽性を高めるため、異版類の書誌を諸版それぞれの刊年の位置ではなく初版の書誌の後に添へて列記する形式がある。この附記された初版以後の各版書誌を、特に追跡書誌と呼ぶことがある。

考へ方としては、圖書館學にアナロジーを働かせると目録法上、雜誌タイトルに言ふ「繼續後誌」がやや近いか。曾ての目録カードで基本記入方式における「トレーシング」と言ったのも、tracingは「複寫」の語義だけでなく基本記入を源とする副出記入を「追跡」する意味であったらう。同樣に、初出乃至初版を基點として時系列順にその後の變遷を辿る追跡探尋作業の意味合ひが追跡書誌の語に含まれるやうに思はれる。

但しこの複合語形の用例はまだ見つかってゐないので、廣く認知された通用語とは言ひ難い。他に適切な呼び名があれば言ひ換へるなり造語するなりすべきかもしれない。