Hatena::Groupshoshigaku

試驗運轉中 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0001-00-03集中

集中

| 集中 - 試驗運轉中 を含むブックマーク はてなブックマーク - 集中 - 試驗運轉中 集中 - 試驗運轉中 のブックマークコメント

collocationの圖書館學における譯語。「並置」とも(日本図書館学会用語辞典編集委員会編『図書館情報学用語辞典』丸善、1997.9)。この方が、com+location=一緒(一所)に位置すること、といふ原義に近く、「「隣接機能」とか、「一覧機能」とかのほうが漢語表現としてよっぽどふさわしい」*1 との意見もあるが、日本語では現状ほぼ「集中」しか使はれてゐない。

しばしば「集中機能」乃至「コロケーション機能」は識別機能乃至ファインディング・リスト機能と對立する文脈に置かれ*2、これを以てIFLAパリ原則第2章「目録の機能」を説明する論者もあるが*3、原文“Statement of principles adopted at the International Conference on Cataloguing Principles(Paris, 1961)自體にcollocationの語が使はれてゐたわけではなく、その後繼である「国際目録原則覚書(Statement of International Cataloguing Principles)」(2009)の「6. アクセスポイント」に現れるもそこでは「識別 identify」と對比する形にはなってゐず、そもそも仝「4. 目録の目的および機能」では五つの目的・機能の分立となってもはや二項對立でない。元來、目録の目的(objects)はカッターの『辭書體目録規則』(1876→1904第4版に三通りに分けて述べられてをり、後代これを概念化して論じ直す中で、特にその二番目の目的(與件に合致する所藏資料を示すこと)が一番目のと對照しつつ注目されてcollocationとかcollocatingとかいふ呼び方で概括されるやうになったらしい。集めるといふ意味ではgatheringがfinding機能と對置されることもあった*4

集中機能が未知文獻の檢索に關係づけられるのは、單に特定の既知文獻が有るかを探し出す所藏目録でしかないファインディング・リストと對比されるからである。關聯事項を集中併記してあればそこに既知以外のあれこれも入ってくる道理で、逆に未知な情報へ導くために手段として集中が用ゐられるわけ。しかしながら、チェック・リストのやうに目を通した既知資料ばかりを集中排列する場合もあらうことを考へてみれば、ヒューリスティックな效果は集中自體にとっては副産物なのではないか。また、未知への誘導に集中以外の手段が供されることもあらう。つまり、機能上の二分法とは必ずしも對應關係にないのに比例させられてをり、その所爲でこの概念自體の意義は曖昧になってしまった。

集中の内容としては、同一著者の諸著作、同一著作の諸版、特定主題の圖書を對象とすることが多い。つまり著者名、タイトル、件名を標目(アクセス・ポイント)として集中される。前掲『図書館情報学用語辞典』「並置 collocation」の項が「分類表中において」のものとしてのみ記述するのは、不當に限定し過ぎてゐよう。他方で件名による集中を例にして、同辭典が「分散関連事項 distributed relatives」の項を説明してゐる。即ち排列といふ形式上の問題として見れば、集中の對照項は「分散」であると見做せようし、機能面では一覽性の向上が相關する。同辭典「統一標目」の項における例解からも、「分散」對「集中」といふ圖式が看て取れる。早い例では、『新聞集成 明治編年史 第十五卷 全卷索引』(1936.11)の凡例*5 に「分散項目を集中式に」といふ見出しあり、一事項を別稱でも重出させて「分散」したので「彼此互に對應出來るやうに「……併看」の語を括弧内に注記して、主要題目への集中に便することにした」との方針が述べられてゐる。「併看」とは、所謂「をも見よ參照」(連結參照)の意。むしろ「を見よ參照」(直接參照)で統一標目に名寄せする方が併置排列となって「集中」と呼ぶに相應しからうが、件名目録の方法を索引に應用した所が興味深い。

集中標目の下で具現されることから、標目と記述といふ對比で捉へることもできよう。各圖書からただ忠實に轉記した書誌事項の記述と、その樣々な表現形に檢索や排列のための統制(コントロール)を加へた統一標目とは、實體としては往々重なって同一でも概念上は分けられる。前者における分散に對處するのが、後者の集中性となる。標目による集中を通して記述目録法的状態の中から主題目録法的な作用への遷移が生起してゐる、と見るも可か。目録法では集中機能は基本記入方式の下で重視されてきたが、森耕一らの批判により「標目と記述の分離」を旨とする記述獨立方式が採用されて以降、典據コントロールの問題として論じられるやうになってゐる。

別な面で一對をなすのは、集中性と排他性とである。機械的に集中すると、同名異人や同音異義や同語多義等によるノイズ情報が混入されがちなので、似て非なるもの・異なるものを區別し排除する排他性が集中性と裏腹に求められ、これに伴って標目の典據コントロールの重要性が増す。抽出は捨象と背中合せ、同定と識別とは楯の兩面、といふ意味での竝行的對立關係である。

なほ、「集中目録作業」(centralized cataloging)は別事に屬す。言語學用語のコロケーションは「連語」「共起」の譯語を持ち意味が異なる。

*1Cf. 『書物蔵』「図書館目録って何のためにあるの?」http://d.hatena.ne.jp/shomotsubugyo/20090418/p1

*2:e.g. 宮田洋輔「日本の図書館目録における書誌的家系 : J-BISCにおける調査と先行研究との比較分析」『Library and information science』61、2009

*3:e.g. 渡邊隆弘「典拠コントロールの現状と将来」『情報の科学と技術』60卷9號、2010.9

*4:e.g. 北克一・芝勝徳「OPACにおける主題検索と典拠システム-主題検索システム・プロトタイプと利用者OPAC-」『現代の図書館』32卷2號、1994.6。鳥海恵司『音楽資料目録入門』「6.2. 目録の機能」<http://www.toccata.co.jp/cataloging/descriptive/mctk_int.html#_標目>。

*5中山泰昌編纂代表、財政經濟學會、「例言」p.2<http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920455/5>

0001-00-02追跡書誌

追跡書誌

| 追跡書誌 - 試驗運轉中 を含むブックマーク はてなブックマーク - 追跡書誌 - 試驗運轉中 追跡書誌 - 試驗運轉中 のブックマークコメント

追跡書誌とは、或る同一文獻について初出誌紙→初收書→所收書改版(文庫化など含む)→他書への再録→著作集・全集所收→……といったやうな異版の履歴を調べてその書誌事項を記したもの。

例へば著書目録等を編む際に通常の編年順の排列だと、後年に同内容の改題書や増補版改訂版等が出てゐる場合、讀者に異版類を把握させるにはそれらへの參照形が作られなければならず、且つ、それぞれ參照されたページを開いて比較するのは異版が多くなるほど面倒になってしまふ。そこで、さうした分散に對し集中(collocation)機能によって一覽性を高めるため、異版類の書誌を諸版それぞれの刊年の位置ではなく初版の書誌の後に添へて列記する形式がある。この附記された初版以後の各版書誌を、特に追跡書誌と呼ぶことがある。

考へ方としては、圖書館學にアナロジーを働かせると目録法上、雜誌タイトルに言ふ「繼續後誌」がやや近いか。曾ての目録カードで基本記入方式における「トレーシング」と言ったのも、tracingは「複寫」の語義だけでなく基本記入を源とする副出記入を「追跡」する意味であったらう。同樣に、初出乃至初版を基點として時系列順にその後の變遷を辿る追跡探尋作業の意味合ひが追跡書誌の語に含まれるやうに思はれる。

但しこの複合語形の用例はまだ見つかってゐないので、廣く認知された通用語とは言ひ難い。他に適切な呼び名があれば言ひ換へるなり造語するなりすべきかもしれない。

0001-00-01エフェメラ

エフェメラ ephemera

| エフェメラ ephemera - 試驗運轉中 を含むブックマーク はてなブックマーク - エフェメラ ephemera - 試驗運轉中 エフェメラ ephemera - 試驗運轉中 のブックマークコメント

譯語

「一過性資料」として丸山昭二郎・高鷲忠美・坂本博監譯『ALA図書館情報学辞典』(丸善、1988.9)に立項あり。「主としてパンフレットまたは切抜き資料からなる」といふ説明で、一枚物が含まれない風なのが不審である。

日本図書館学会用語辞典編集委員会編『図書館情報学用語辞典』(丸善、1997.9)には、項目は立ってないし卷末「欧和対照表」にも擧げられてないものの、「パンフレット」の項中に「簡易資料、または短命資料(ephemeral)に分類されることがある」(p.172右段)と見える。「短命」の方が「一過性」より蜉蝣(カゲロフ)の原義に忠實ではある。

參考書

田中正明『印刷物の考現学――デザインから見た印刷――』(印刷学会出版部、2008.5)はエフェメラの見本集、事例集と見做せる。

題名の「印刷物」についてであるが、印刷物といえば、書籍から新聞、雑誌の巨大部数なものから、小は電車の切符の類に至るまであるが、ここでは端物印刷物といわれるような、私が集めているようなものをさすのである。あるとき、私に勇気を与えてくれるような本に出合った。昭和三十七年(一九六二)年発行の、ジョン・ルイス著「プリンテッド・エフェメラ」John Lewis:"Printed Ephemera".Ipswich. 1962である。ジョン・ルイスは当時、ロンドンにある王立芸術大学の講師をしていた人である。「プリンテッド・エフェメラ」とは、かげろうのようにはかない印刷物ということで、端物印刷物といったところであろう。そこで切符とか入場券からビラやポスターにいたる印刷物を丁寧に一冊の本にまとめているのを見て、わが意を得たりと元気づけられたのである。

『印刷物の考現学』「あとがき」p.237

右に言ふ端物(はもの)とは、廣義には形態上の輕印刷全般、狹義にはページ物以外を意味する印刷業界用語である。なほルイス著の副題は“the changing uses of type and letterforms in English and American printing ”であった。田中著は『印刷雑誌』一九七六年八月號より長く連載されたもの。他にエフェメラ類の總覽として、野島寿三郎編『ペーパーコレクション入門 紙くず収集百科』(日外アソシエーツ、2003.2)が「43ジャンル196収集テーマ」を取り上げる。

通俗に説くなら、スクラップ・ブックやクリア・ファイルで整理するやうな紙もの、とでも言へば解りやすいか。多種多樣な對象(外延)を内包的定義(概念的定義)で無理に包括したり本質論に深入りしたりすることを避け、扱ふ道具や手續きによって説明する一種の操作的定義である。

名の通り普通は長期保存が見込まれず、その收藏は民間在野のコレクターに依る場合が多い。書籍を中心とする領域で周縁的な處遇を受ける資料といふ點で、圖書館學に謂はゆる灰色文獻にも似通ふが、エフェメラの方は商業的宣傳・廣告のための大量頒布物が含まれるから、出所や流通のあり方で差がある。

NDLC(国立国会図書館分類表)ではY95に設けられた「一時的利用価値のみを有すると認められる資料」がephemeral materialsに對應させた區分であったらしい。

Cf.『書物蔵』満洲大会の栞からエフェメラ論を展開す

0000-01-00語彙

用語集

| 用語集 - 試驗運轉中 を含むブックマーク はてなブックマーク - 用語集 - 試驗運轉中 用語集 - 試驗運轉中 のブックマークコメント

豫備的なもの

  • 金敏甫「圖書館術語集」中華圖書館協會『圖書館學季刊』第四卷第一期、民國十九(1930)年三月、pp.65-94.
  • 日本図書館協会書誌学用語調査委員会編『書誌学用語調査案 其一』図書館協会、1942
  • 私立大学図書館協会東地区部会研究部書誌学分科会『和漢書誌学用語解説稿』私立大学図書館協会東地区部会研究部書誌学分科会、1974
  • 図書館用語委員会編『図書館用語集 予備版』日本図書館協会,1978年8月
  • 図書館問題研究会用語委員会編『みんなの図書館入門 用語篇』図書新聞、1981年4月
  • 研究代表者長澤雅男『学術用語集 図書館情報学編 暫定版 : 図書館情報学用語標準化の調査研究』長澤雅男、1993.3

0000-00-02日本近代書誌学協会

日本近代書誌学協会

| 日本近代書誌学協会 - 試驗運轉中 を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本近代書誌学協会 - 試驗運轉中 日本近代書誌学協会 - 試驗運轉中 のブックマークコメント

日本近代書誌学協会(1996~2001?)

山下浩「「日本近代書誌学」を成立させるために(第一回)」(『言語文化論集』第46號、筑波大学現代語・現代文化学系、1998.1)といふ口頭發表を起した風な文章があり、協會の出來た經緯について一端が觸れられてゐる。同文中「IV 付録 「日本近代書誌学協会」大会発表要旨」には第三回大會までの各人の發表要旨を紹介してゐる。しかし「(第一回)」と銘打ったこの文は、第二回以降が續かずじまひ、未完となったらしい。

第六回までの「日本近代書誌学協会大会」の一覽→http://www008.upp.so-net.ne.jp/hybiblio/4_04.htm

0000-00-01近代書誌學

「近代書誌學」の語誌

| 「近代書誌學」の語誌 - 試驗運轉中 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「近代書誌學」の語誌 - 試驗運轉中 「近代書誌學」の語誌 - 試驗運轉中 のブックマークコメント

初期の用例

この語の早い用例としては、斎藤昌三の『書痴漫談』に見られることを、谷沢永一が指摘した。谷沢は「桝形本」とのみ述べて書誌を記さないが、該當するのは、斎藤昌三談/沓掛伊左吉稿、書痴往来社・峯村幸造發行, 1959.8、『書痴往来』13號特製限定本。その第七章の標題に「近代書誌学について」とある由。

昭和三十三年八月二十八日、神奈川県公共図書館長講習会での講演である。しかし内容は言い古された書物談義に終始する。それゆえ、近代書誌学という呼称を、はじめて用いたのは、或は斎藤昌三であるかもしれないが、昭和三十三年のこの時は、言葉だけが極く便宜的に用いられたのみであって、意味内容は空白であったと言わねばならぬ。

谷沢永一『日本近代書誌学細見』「御案内」(和泉書院、2003.11)p.1

谷澤自身の提言は、『浪速書林古書目録』第十六號「書誌特輯」(1990.12.15)卷頭の鼎談「書誌――作るよろこび 読むたのしみ」に見える發言が早い。末尾に「(一九九〇年九月二十二日)」とあり。既刊の谷澤の對談集には收めず、目に觸れにくいのが惜しいものである。

 われわれが考えているのは、日本近代の著作家あるいは日本近代に関係のある外国の著作家も含めてですが、そういう著作家を材料にするわけだから、ことばはまだ一般に認めてられていないけれども、書誌学を二つにわけで、これを古典書誌学にたいして、近代書誌学と呼んでいいのではないか。古典書誌学は、これは微にいり細を穿って精緻を極めており、もうため息が出るくらいです。近代書誌学は生まれたばかりといってよく、その出発点は、厳密に言えば戦後ではないかと思う。要するに昭和期の産物であって、明治・大正期には近代書誌学はありえなかった。

谷沢永一浦西和彦山野博史「書誌――作るよろこび 読むたのしみ」pp.6-7

「著作家」と言ったのが妙で、蓋し文學者に限らずの意か。

古典との對立

對する「古典書誌學」といふ複合語は、書名だと藤井隆『日本古典書誌学総説』(和泉書院、1991.4)に見られ、ずっと早くより確立した語か。これの變形で自づと「近代書誌學」の稱も導き出されたと思はれる。「古典 classic」と「近代 modern」とを修飾語にして對照するのは「繪畫」「音樂」等でも通用されるターミノロジーではあるが*1、書誌學の場合は恐らく、國文學(=日本文學)における古典文學と近代文學といふ呼び分けに倣った用法に過ぎまい。書誌學が特に文學研究と結びついてきた偏りからして、「近代書誌学」といふ語もそこから意味を類推されることは避け難い。從って文學研究の補助學に留めるかの如き制限的定義も生じ、書誌學は分野を問はず書物全般を對象とする學問であるといふ擴大路線との間に混亂を喚ぶ。これはドイツ18世紀末以降の「文獻學」の沿革、ギリシア・ローマの古典古代を扱った古典文獻學がゲルマン文獻學や近代文獻學や言語學や古代史を分立させながら廣狹の定義の間で動搖した歴史に、相似しよう。文獻學と列んで書誌學との類縁が言はれる歴史學の史料論を見ると、日本史では近世以前の史料は古記録や古文書と呼ばれ、殊に後者について古文書學に對し明治以降を對象とする近代文書學が提唱されることがあり*2、未確立の新興學科ながら、その點むしろ相通じる。一方の古記録とは日記のほか一般の著述・編纂物等を含むものだから、「文書」以外の書物は近代書誌學の領分として殘されてゐると見做せないか。他にしばしば隣接領域とされるのは圖書館學だが、これには古典と近代の二分法に對應するやうな術語が無い理由も考ふべきだらう。まさか「図書館学」が古典で「ドキュメンテーション」や「図書館情報学」が近代と言ふ訣でもあるまい。

定義の試み

日本近代書誌学協会」創立に際してその主導者の一人である山下浩が「「日本近代書誌学」を成立させるために(第一回)」(『言語文化論集』第46號、筑波大学現代語・現代文化学系、1998.1)を發表してゐる。英文タイトルは“The Transactions of the Society for Modern Japan Textual Scholarship”であり、直譯すれば「近代日本テクスト學問協會の議事録」となって邦題が學の樹立を目指すのとは齟齬するが、兎も角もTextual Scholarshipと稱する本文校訂を以て書誌學とする立場に據ってゐることが解る。口頭發表を起した風な文章であり、第二回以降が續かずじまひの未完、協會もその後解散したから、結局、學術團體の裏づけを持った「近代書誌學」の「成立」も未完の試みに了った。

*1:但し「近代經濟學」は戰後日本だけの特殊用法。「古典學派」との新舊對比以上に「マルクス主義經濟學」(マル經)との競合關係にある「近經」であった。佐藤隆三「近代経済学」『日本大百科全書』參照。

*2:岩倉規夫・大久保利謙編『近代文書学への展開』(柏書房、1982.6)、中野目徹『近代史料学の射程――明治太政官文書研究序説』(弘文堂、2000.2)、小池聖一『近代日本文書学研究序説』(現代史料出版、2008.9)等參照。

0000-00-00全角三十二文字までの字數制限

20110101――見出し2段ではHTMLタグ無效――

| 20110101――見出し2段ではHTMLタグ無效―― - 試驗運轉中 を含むブックマーク はてなブックマーク - 20110101――見出し2段ではHTMLタグ無效―― - 試驗運轉中 20110101――見出し2段ではHTMLタグ無效―― - 試驗運轉中 のブックマークコメント

h3見出し――副題――

『小見出しです。――副題――

h4見出し――副題――

本文……

さらに小さい小々見出しh5です――副題――
h6見出し――副題――

文章……

第一

第二